金属アレルギー

歯科においての金属アレルギー治療も行っています。

お口の金属は大丈夫ですか?

金属アレルギーの原因は、
ピアスやネックレス、時計、ブレスレットなどのアクセサリーだけではありません。
取り外しても症状が改善しない方は、お口の中の金属が原因となっている可能性があります。

当院では、金属アレルギーの方への治療も受付しております。
お悩みや不明点については、いつでもお問い合わせ下さい。

1. 金属アレルギーがもたらす症状

もっとも多いのは、手や足の裏に水泡や膿をもった膿胞ができる皮膚疾患です。
また、口の中の粘膜にわずかに隆起した白線ができる症状や、口内炎や歯肉炎、
爪の変型や変色がみられることもあります。

掌踵膿胞症

画像画像

お口の中の金属が原因で、アレルギーが起こります。
最近は金属アレルギーの方が多いようで、代表的な症状として手のひらや足の裏などがひどく荒れてしまう掌踵膿胞症(歯根の先端が化膿している事が原因となることも有る)があります。

治療のポイントとしては、アレルギーの原因となる金属を特定し、
口の中の金属を、その金属を含まないものに変えることです。

2. メタルフリー・アレルゲンフリーによる治療

アレルギー症状をもたらす金属を用いずに、詰め物やかぶせ物、あるいは義歯等を作成します。

保険診療の範囲で対応する場合は、合成樹脂を用いますが、
耐久性についてはじゅうぶんではありません。

自費診療の範囲であれば、耐久性に優れたセラミックスやジルコニアを使うことができます。
これらを材料にすると、美観を損ねないというメリットも期待できます。

義歯については、金属のバネがついていないノンクラスプ義歯が妥当です。
  耐久性や美観においても優れており、お手入れも難しくはありません。

治療症例

画像画像
画像画像

金属冠から、金属アレルギー対策用のセラミックス冠を入れています。

お電話でのご予約・お問い合わせ 0790-43-1888
診療時間
9:00~12:00

※1

※2

/

14:00~19:00

※1

※2

/

※1 祝日のある週の木曜日は診療します
※2 土曜日8:45〜12:00 / 14:00〜17:00
休診日
日曜日・祝日・木曜日
© 2016 加西市の歯医者なら宮﨑歯科医院. All Right Reserved.